再独身生活エンジョイ中

離婚後に自由に生きる姿の記録

とある地方都市の子育て

保育園落ちた日本死ね!!ってのが二年ほど前に話題になりました。

その後、この方はツイッターで「自分の思い通りにならなかったのは政権や政治家のせい」といわんばかりの発言を繰り返しておられるようです。

都市部に住んで夫婦共働きで子どもができて、子どもが保育園に入れないから仕事をやめなければならない、それはそれはお気の毒なことです。

しかしそれはある程度の賢さがあれば予想できたことではないでしょうか。

一億層活躍社会という単語を言質にとって自分が仕事を継続できなかったことを批判していましたが、現状が一億層活躍できていないからそうなるように目指すという意味であって、そのような政治的に大きな変化がすぐに完了するはずもなく、もしもすぐに完了するのであれば、それは政治スローガンにするほどのことも無い簡単なことだったということになります。

 

 

 

1.親との同居の可能性

例えば親との同居をしないのはなぜでしょうか。

なにも姑と住めと言っているわけではありません。

「マザコンだ」なんだと5ちゃんねる鬼女みたいな無益な批判がきても議論が逸れるだけですので、なんなら男がマスオさんする生活でもいいんです。

田舎を捨てて都会で生活することにしたのなら、親の手を借りないで歩む人生についてある程度考えて備えておくべきだし、親が近場にいて「姑(実親)との同居はイヤ」というのなら、同居を実行している人よりも同居の不利益がないかわりに別居の不利益があるのも当たり前なのではないでしょうか。

 

 

2.都市部と地方は分かり合えない

過去に進学校と言われた地方の落ちぶれた高校の先生がぼやいていました。

進学校で一所懸命教えてもその子らの一部が県庁や地元優良企業に戻ってくるだけで、その多くは関東関西の大学を出てそのまま都会で就職し、都会の税収に貢献する。この流れを我々の世代で止めることができなかったのは申し訳なく思う。」

実際に当時頭の良かった生徒は都会で就職し、さほど頭の良くない高校の生徒が地元に残りました。

またメンタルに不調を抱えた者や障害者は当然に都会で就職などするわけもなく、福祉コストのかかる人間が地方に残り、稼げる人間だけが都会へ行くという構図がありました。

そのようにして地方は少子化が進みましたが、公務員保育士の人数をそれに合わせて急激に減らすことは難しかったようで(公務員のクビきりは難しいらしく)、その地方では保育園落ちたとかで大騒ぎする人はいませんでした。

また、ツタヤ、ゲオ、コンビニ各社などのように、加盟店契約やアルバイト、非正規社員で地方の人間を働かせてその利益の一部を本社に吸い上げるというビジネス構造もあり、都会には都会のメリット・デメリット、田舎には田舎のメリット・デメリットというものが出来上がっています。

保育園落ちた人がどのような経緯で保育園に落ちたのかがわからないので、断言することはできませんが、

 

 

田舎から都会に出てきたのであればその時点で得るものと失うものがあった

仕事が好きでやめたくないのなら主夫を養える環境を整えるべきであった

自分の収入減が家庭に打撃をあたえるなら貯蓄をすべきであった

または、収入の多い男性を選ぶべきであった

 

 

などなど、いまさらshould have+過去分詞みたいなことを言っても仕方がありませんが、彼女に一定の批判が集まるのは分析が甘く対策もしなかったために不幸な結果が訪れたのに、結果のみに文句を言っているように見えてしまうからではないかと思います。

 

 

 

3.とある地方都市のある家庭の子育て(本題)

やっと本題にはいるわけですが、私がある地方都市で働いているときに見たある家庭の家計事情です。

夫:ガソリンスタンドの正社員で年収300万

妻:介護施設職員で年収300万

夫の父:農業で年収300万

夫の母:子どもたちの世話と家事

住宅事情:夫の父母は昔からの家、若夫婦と子どもはその隣に建てた家

車:普通車1台、軽自動車3台(うち1台は農業用軽トラ)

このように両親同居の上に収入を分担することで世帯収入900万程度があり、年収500万程度の役場職員(専業主婦世帯)が色々切り詰めている中で余裕ある生活をしていました。

このような余裕のある家庭でも両親が共働きということで保育園の応募資格もありますし、保育園の枠不足もありませんでしたから、子どもたちは保育園に通っていました。

保育園での急な発熱や病気怪我はおばあちゃん(夫の母)が対応できますし、「保育園落ちた日本死ね!!」と悪態をついて誰かを恨んで生きるよりもよっぽど心の健康に良い環境だと思います。

 

 

結局のところ、無い袖は触れない、身の丈を知るといった言葉を的確に解釈して自分の生活に活かすためには

現状をきちんと分析する

自分のやりたいことの優先順位を決める

得るものと失うものを予め予測する

ことが大事ではないかと思います。

それをせずに文句ばかり言うから、「俺(私)だって○○を諦めて今がある!何も諦めずにアレも欲しいコレも欲しいは許されない!」と憤る方々からの批判が届くのではないでしょうか。