再独身生活エンジョイ中

離婚後に自由に生きる姿の記録

レオパレスのネット回線2018

レオパレスのネット回線についてグーグル先生で検索すると、「レオパレスはダメ、この光業者にしよう!」みたいな広告付きのキュレーションメディアの記事が上のほうに出てきます。

これからレオパレスを検討している人は、実際にレオパレスを使っている人の、広告という下心のない意見を聞きたいでしょうから、私が実際のところを書きます。

 

 

レオパレスのネット回線は、自分だけが使っているような状況、例えばみんなの出勤直前とかだと早いです。

f:id:tkjunior2018:20180907222437j:plain

ところがみんなが帰宅してネットを使い始める時間帯になると信じられない速度になります。

f:id:tkjunior2018:20180907222522j:plain

f:id:tkjunior2018:20180907222534j:plain

f:id:tkjunior2018:20180907222546j:plain

 

私の場合、この現象に気づいたのは2018年の9月に入ってからでした。

遊んでいたオンラインゲームが頻繁に切断され、原因を色々調べるために条件をひとつずつ変えていくと、結局のところ「時間帯」という条件を変更したところ変化が見られ、遊ぶ時間が影響していると判断しました。

そこでスピードテストサイトを使ったところ、上記画像のような結果となったわけです。

 

 

レオパレスのネット回線はNTTコミュニケーションズの回線を使っていることはわかっています。

それをアパート全体で分けているのか、隣接して建っている場合には隣接アパート全てでひとつの回線を分けているのかそのあたりは工事業者に聞かなければわかりませんが、IPアドレスの10.x.x.xを割り当てられることから、たくさんの部屋で回線を分けていることが想像されます。

回線を共有している人がたくさんの情報量を必要とするネットサービスを受けていれば当然、私の分け前が減るわけです。

 

 

 

インターネット通信業界ではそのような分け前が減ることの言い訳に「ベストエフォート」という言葉をつかいますが、これは本来の意味は「最大の結果を得ることを努力する」という意味であるのに、通信業者は「一蓮托生の他のメンバーのせいでお前の分け前が減っても、それは俺のせいじゃない」という意味にして消費者に押し付けてきます。

レオパレスに住んでいるとレオパレスからの小冊子がポスティングされますが、それによれば、映画や動画を見られるプランをたくさん用意しているようで、そういうサービスを始めるならば当然、それ以前よりも回線を強化しなければ以前からの利用者の情報量の分け前は減ります。

 

f:id:tkjunior2018:20180927225425j:plain

 

 

ここからは私の予想ですが、レオパレスはオーナーからの訴訟や壁の高さが足りない不祥事などがあり、以前ほど好調ではなくなっているのに、住人の定着(次のオーナーへの宣伝材料になる)のためのサービスを充実させ、資金的に厳しいためにサービスの種類は増やすけれども回線は強化しない、ということを行っている可能性があります。

 

 

私は引越しの多い職業についているため、冷蔵庫、洗濯機、コンロが備え付けの物件は魅力的で、さらに光インターネット設備のあるレオパレスは理想の住居でした。

しかし、オンラインゲームを遊ぶのに支障が出るようなネット環境ならば、魅力はひとつ減ったことになります。

今後レオパレスでの生活を検討される方は、ネット環境は保証がなく運に左右される環境であるということは知っておいたほうが良いと思います。